EPAは摂りすぎると危険

青魚などに多く含まれているEPAは健康成分として愛されいて、今ではサプリメントなどにも含有され多くの人に飲まれています。

しかしながらこのEPAは健康にいいからといって過剰に摂取してしまうと、場合によってはカラダに悪影響を及ぼすことも少なからず考えられます。

では安全にEPAを摂取するにはどうすれば良いか考えてみましょう。

まずEPAの摂取量は厚生労働相が推奨している1日1.000㎎が理想とされていて毎日継続して摂取することが大切です。

ですが1日に摂る量が3.000㎎を超え、それが長期間続いてしまうと体調不良の原因になることもあるので注意が必要です。

特に過剰に摂取でおこる体調不良はサプリメントの摂り過ぎが原因です。

魚から1日に必要な分だけのEPAを摂取するには、種類によってもEPAの含有量の違いもあり摂る量もかわってしまうので魚からの摂取は非常に難しいことでしょう。

しかしサプリメントの場合では元々EPAが足りない時に補給する目的で開発されているので、現在サプリメントで補給することが

主流になりつつ今日では、健康のために適量以上を余分に摂取する人がいるので過剰に摂取しやすい状況になっています。

これを改善するにはキチンとメーカーに表示されている量をキチンと守って摂取するだけで改善できるので規則正しく摂取するように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>